インプラント治療は世田谷区成城の鈴木歯科医院
インプラント HOME>インプラントの説明

その他の欠損補綴

歯が亡くなったところには従来2つの方法があります。
<入れ歯>

入れ歯イメージ図入れ歯を入れて抜けたところを回復する方法がありました。
よく設計し、良い素材を使えばよく噛めるようになります。





しかし、この方法の欠点ですが、

入れ歯の欠点

などが指摘されております。



<ブリッジ>

ブリッジイメージ図欠損したところの両隣の歯にブリッジをかけて抜けたところを回復するやり方です。
これはよく噛めますし、技師のように取り外しをしなくて済みます。




しかしこのやり方の最大の欠点は、

ブリッジの欠点

この方法は大変に有効な方法であり、伝統的な技術ではありますが、今はミニマルインターベンション、できるだけ治療による浸襲を少なくする考え方、に変わってきました。
そのため欠損部を回復するためとはいえ、なんでもない歯を大きく削らなくてはならないのが問題になっています。

しかし、インプラント治療を避けたい場合は、今でもブリッジによる治療法が選択されます。




インプラントイメージ図それゆえ条件さえ合えば、欠損部の回復にはインプラント法が最も優れたやり方であるといえます。
なぜなら残っている歯に余計な力の負担をかけず、残っている歯を削ったりもせず、取り外しもしなくてよいからです。